2012年12月06日

助産師さんの診察

寒くなってきましたね〜。
私の住む地域では雪がちらほらと降っています。
お産で夜に入院になる方の交通手段がいつも心配になります。
慌てず、ゆっくり来て頂きたいですね。

さて、私たち助産師がする診察として内診があります。
内診ってあまり聞き慣れない言葉だと思いますが、簡単に言うと子宮口の広がり具合を調べるものです。

膣口から2本の指を入れて、
・子宮口開大
・展退度(%)
・子宮頸管の長さ
・児頭位置(cm)
・頸部硬度
・子宮口位置
を調べていきます。これらを調べる事でお産の進み具合や、今後の進み方の予測がたてられるんです。
それぞれの内容についてはまたブログ内で書いていこうと思います。

実際診察の時は足を広げて頂いて内診するんですが、大体の方は痛い、重い感じがすると言われます。
指2本しっかりと奥まで入れなければ診断が難しいので・・・やっぱり痛いんだと思います。
時間にして1〜2分で終了するので、その間息を「ふ〜。」っとはいてリラックスして貰えたらいいと思います。
中には全く何も感じない人もいるんですがね(^_^;)
みなさんそうだったらいいんですが。。


posted by ゆうこ at 14:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。